看護師の労働時間は看護師さんが選びましょう

看護師にも労働基準法で定められた勤務日数や勤務時間の上限があります。
けれども何が起きるかわからない医療現場ですから常に緊急時に備える必要がある。
もし、急患が運ばれてきた場合や患者さんの様子が急におかしくなった時は対応しなければなりません。
そのため、看護師が定時で上がることは難しいから
サービス残業が多いというブラックな話しがなくならないのです。

看護師が働きすぎで倒れては意味がありません。
疲れやストレスで、業務中にミスをすると大変なことになります。

残業や長い勤務時間で悩むのであればパートで働く選択肢を選んでもいいと思います。
昇格や研修参加への機会が減るリスクはありますが
自身の向き不向きを考えるとそのほうが、長く看護師を続けていける秘訣にもなるのです。

悩まず上司と話せる職場、もしくは問題解決を行う委員会がある病院ならば
常勤で勤めても悩まないと思いますが
個人経営並みに、融通のきかない職場であれば転職がおすすめです。
働きやすいさを重視し、職場改善に積極的に取り組んでいる職場もあります。

パートで働くことや転職することで、健康でイキイキと働けるのであれば幸せです。

どんな働き方をしたいか?どんなところで働きたいか?具体的にイメージできていれば
インターネットで求人サイトを検索することをおすすめします。
転職は、未来の自分を輝かせるものだと感じるはずです。

悩んで苦しむ前に、この病院きついなと思ったら検索することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です